ムダ毛処理でぶつぶつになったりカミソリ負けした時の対象法は?肌荒れを防ぐ方法も解説

女性なら誰しもが一度は悩んだ経験があるであろうムダ毛の処理。

優しく剃っているのに肌荒れしたり、ぶつぶつやチクチク・かゆみなど様々なトラブルに見舞われてしまったりと大変な思いをしたことがあるのではないでしょうか?

本記事では、ムダ毛処理をした後に起こるぶつぶつなどの肌荒れの原因や、肌トラブルを防ぎたい方向けのおすすめの方法をご紹介します!

自己処理後に肌トラブルになった経験がある方や、なるべく肌を傷つけずにムダ毛処理をしたい方は、ぜひ本記事を最後まで読んで参考にしてみてください。

ムダ毛の処理をした後のぶつぶつやかゆみの原因は?

ムダ毛処理後の肌トラブルの多くは、不適切な自己処理によって引き起こされます。

毛を綺麗に取り除きたいと思う気持ちは分かりますが、頻繁に誤った処理を繰り返す事が問題です。

ムダ毛の自己処理というとカミソリや毛抜きがイメージされやすいですが、毛は綺麗に処理できるとしても、肌の事まで考えられているかと問われるとそうではありません。

カミソリで剃る場合は肌の表面までも一緒に剃っていて、毛抜きで毛を抜く場合は毛穴周りの皮膚を傷つけてしまっているのです

しかしこれらの方法は安価かつ手軽である事、処理後の見た目が一見綺麗になる事から、多くの方が実践されている方法なのではないでしょうか。

自己処理による肌への負担

カミソリや毛抜きでの自己処理を繰り返すと、外部の刺激から守る為のバリア機能までも毛と一緒に削ってしまって肌が弱くなり、敏感肌や乾燥肌になっていきます

また、肌を黒く見せるメラニン色素が活発に生み出されてしまい、毛穴周りが黒ずんだポツポツになるなんて事も。

さらには、切れにくいカミソリでの剃毛や毛抜きによって毛穴に細菌が入り、毛包炎や毛膿炎などの皮膚の炎症を起こす可能性すらあるのです。

これらの肌トラブルは特に、ワキやデリケートゾーンなど毛が太く湿気が溜まりやすい部位で起こりやすいので注意が必要です。

ムダ毛処理の際は、今見えている毛の事だけでなく、肌の事も考えた処理に切り替える事がポイントです!

カミソリ負け

自己処理の代名詞と言えばカミソリですが、カミソリで肌の表面に小さな傷をたくさんつけてしまいます。

そのため、皮膚が弱い方以外でも処理後にヒリヒリしたりチクチクかゆくなったりとカミソリ負けの症状に悩まされるのです。

酷いケースだと血が出てしまったり、ニキビや吹き出物のような腫れができてしまったりするだけでなく、のちに傷跡になってしまうこともあります。

毛抜きによる埋没毛

埋没毛とは毛の先まですっぽり毛穴に埋まってしまっている毛の事です。

通常は毛根だけが埋まっていますが、埋没毛は皮膚の下で毛が育ってしまった状態です。

毛抜きは毛を掴んで引っ張りますが、その際に毛穴周りの肌も傷ついて毛穴が塞がってしまう事があります。

しかし、毛穴が塞がっても毛根自体はそのままで、毛が外に出られないまま皮膚の下で長く伸びるので、皮膚の下に黒いポツポツが見える原因になるのです。

肌のブツブツが消え毛穴レスになる方法については「脱毛すると毛穴のブツブツは消える?毛穴レスの肌にするための3つのコツをご紹介」で詳しく解説しています。

肌が荒れないように剃る方法は?

ムダ毛の自己処理が肌を傷つけると分かった以上、同じ方法は続けていられないので、肌をなるべく荒らさないようなムダ毛の自己処理方法をお伝えします。

肌荒れを防ぐ剃り方のポイント
・カミソリや毛抜きでの処理は卒業する事
・処理した後そのまま放置しない事

これらを徹底して、肌を守りつつ処理をしていきましょう。

毛抜きよりもシェービング

これまでカミソリや毛抜きで自己処理をしてきた方は、その方法から卒業して電動シェーバーに切り替えましょう。

電動シェーバーでの処理がなぜ良いかというと、肌を傷つけにくい造りになっているからです。

電動シェーバーは皮膚に刃が当たらず毛だけを狙って剃ることができるので、肌をなるべく傷つけずに処理することが可能なのです。

ただシェーバーの場合は、カミソリほど根元からは剃れないので毛の処理が甘く感じてしまいますが、肌のためと思って乗り切りましょう。

シェービングの前には、シェービング剤やクリームを使って滑りを良くしてから剃るとさらに肌に優しくなりますよ。

アフターケアを忘れずに

自宅でのムダ毛処理の際に意外と忘れがちなのが、肌のアフターケア

処理した後そのまま放置したり、お風呂で処理してから熱いシャワーを浴びて流したりしていませんか?

そんな行動をもし取っていたら、かゆみや痛みが出てしまうきっかけを作っているかも…。

カミソリなどと比べて肌に優しいシェーバーを使ったとしても多少は肌に傷が付きます。

敏感になっている肌にはしっかり化粧水や乳液で保湿をしてからクリームで蓋をしてあげてください

自己処理は危険?おすすめできない理由3つ

自宅で行うムダ毛の処理は、前項でお伝えしたように、カミソリ負けなど肌を傷つけてしまい炎症になるという危険性をはらんでいておすすめできません。

どうしても処理したい場合、肌トラブルを防ぐためにも、できれば3週間に1度くらいに留めておくのが良いでしょう。

ちなみに肌にできたぶつぶつは治るまでに2週間ほどかかるため、頻繁に自己処理をすると治りきる前にまた肌を傷つけるのでご注意を!

今回は他にも自己処理をおすすめしない理由が3つあるので合わせてお伝えします。

剃っても抜いてもすぐに生えてくる

ムダ毛の自己処理をした後、結局すぐにまた生えてきてしまいますよね。夏など露出の多い時期は毎日のように処理している方もいるのでは?

というのも、実はムダ毛は全身どの部位でも1日に0.2〜0.4mmは伸びてしまうんです。

カミソリの剃毛だと遅くても1日後には生え始め、毛抜きでも毛を作り出す毛乳頭(もうにゅうとう)が生きているので、個人差はあるものの1週間〜10日程度で生えてきます

生えてくるたびに自己処理をする事によって、肌へのダメージがどんどん溜まって状態が悪化していく事態に繋がってしまいます…。

処理する度に肌を傷つける

自己処理は肌を痛める行為であり、毛抜きでの処理は周りの毛細血管をも傷つけてしまいます。

毛細血管を傷つけると毛を作り出すペースが早まったり、生えてきた毛がむしろ濃く太くなってしまったりと、長期的に見ていい事がありません

他にも除毛クリームでの自己処理もありますが、肌に成分が合わないなどのトラブルの元になりがちなので注意が必要です。

脱毛クリームによる肌荒れの原因については「脱毛クリームで肌荒れがする?脱毛クリームで肌荒れがする理由や防ぐ方法を徹底解説」で詳しく解説しています。

流血などの明確な症状が見えなくても、ヒリヒリやかゆみやぶつぶつなどが出たら、肌からのSOSサインですので気をつけましょう。

乾燥や黒ずみなど肌の状態がゆらぐ

毛を剃ると、肌の表面を削り取ることで乾燥するだけでなく、剃る際の摩擦により肌が黒ずんで見えてしまいます。

肌のバリア機能が低下して刺激に弱くなった肌からは水分が失われ、弾力やハリがなくなり、紫外線など外部のダメージを受けて老化しやすくもなるのです。

ワキやデリケートゾーンなど毛が太い部位は皮脂が多く雑菌が繁殖しやすいので、炎症になりニキビのようなかゆみや痛みを伴うできものが出ることも。

目先の毛を綺麗にしたいあまりにボロボロの肌になっていくなんてもったいないですよね…。

ここまで肌に負担をかけると知っても、あなたはまだ自宅での自己処理をし続けますか?

肌に負担をかけにくいムダ毛処理は脱毛

「自己処理はおすすめできない?じゃあどうやってムダ毛処理すればいいの!」という意見が出そうなので、おすすめの方法をご紹介します。

ずばり、肌を無理に傷つけず透明感を与えながらもムダ毛処理ができる脱毛がおすすめです。

脱毛は自宅での処理と違い、毛根のメラニン色素、いわゆる黒い色に反応する光を当てて毛を生えにくくしていく処理方法。

または毛の成長をつかさどるバルジ体という部分に熱ダメージを加えて、毛を抜けやすく、かつ生えにくい状態にする方法もあります。

毛が太い部分などメラニン色素が濃い部位は輪ゴムを弾いたような痛みが出るものの、皮膚を削ったり傷つけたりはしません。

カミソリや毛抜きと違い、毛根にアプローチしていけるので、肌に負担をかけすぎず着実にムダ毛処理ができるのです。

ただ脱毛と言うと、サロン脱毛でも医療脱毛でも値段が高いとか、予約が取れなくて途中で挫折とか、あまり良くない噂があって学生や脱毛初心者には不安が多いですよね。

実は、そのような不安を解消できる脱毛方法があります。

ツルスベ女子たちに人気の「セルフ脱毛」とは?

最近、脱毛女子たちの間で人気となっている方法が『セルフ脱毛』と呼ばれるものです。

セルフ脱毛とはその名の通り、自身で気になる部位に脱毛機で光を当てて脱毛をする方法です。

脱毛と言えば、エステサロンやクリニックでプロに高い金額を支払ってしてもらうものというイメージがありませんか?

セルフ脱毛はそのようなイメージをひっくり返す、言わば究極の自己処理なのです!

今話題のセルフ脱毛サロンについては「セルフ脱毛サロンとは?効果や特徴やメリットなどについてサロン店員が徹底解説!」で詳しく解説しています。

では、セルフ脱毛のメリットとデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?

セルフ脱毛のメリット

  • 人に見られず脱毛ができる
  • 気になる部位のみを処理できる
  • 脱毛コースの勧誘をされる事がない
  • 料金が明確で分かりやすい

セルフ脱毛にはこのようなメリットがあります。

脱毛をしたいけれど人に見られるのには抵抗がある方、高額な料金を支払うのが難しい方、勧誘が嫌でサロン脱毛に行くのをやめた経験がある方などに向いています。

サロン脱毛や医療脱毛だと、全身コースや部位の大きさごとのコースが主で、自身が気になる部位だけを決め打ちするのが難しい事が多いです。

店舗によって料金などの設定は違うものの、セルフ脱毛なら好きな部位を脱毛する事が可能なので満足度が高くなります。

一見メリットの多いセルフ脱毛ですが、デメリットももちろんあります。脱毛をする上でデメリットの確認も必要なので見てみましょう。

セルフ脱毛のデメリット

・脱毛機の使い方を間違うとヤケドなどの危険がある
・脱毛知識がないため肌を痛める可能性もある
・背中など背面は自身では処理できない

これらがセルフ脱毛のデメリットです。

エステティシャンや医師のように知識があるプロが行う脱毛ではないので、万が一何か起こった際に怖いというデメリットが大きいです。

また、背中や襟足・お尻(Oライン)などの後ろ側は自身では脱毛できないため、有料オプションなどで人にやってもらう必要があります。

脱毛に安心感を求める方や、なるべく肌へのリスクが少ない状態にして脱毛したい方は向いていない方法ですね。

自身が脱毛に何を求めるかを良く考えた上で、セルフ脱毛かサロン脱毛か医療脱毛かを見極めるのが良いでしょう。

セルフ脱毛をするならVIVIMOがおすすめ


セルフ脱毛にはメリット・デメリット両方ありましたが、セルフ脱毛のデメリットをカバーしてくれるサロンが存在します。

そのサロンというのが『VIVIMO(ヴィヴィモ)』

脱毛未経験者や学生でも通いやすい値段設定で、エステサロンやクリニックでは取りづらい予約がVIVIMOでは取りやすい、という美容脱毛の常識を超えたサロンなんです。

VIVIMOにはこのような特徴があります。

VIVIMOの特徴
  • 月額2,000円からの完全定額制(業界最安値!)
  • いつ当てても抜けを実感できる最新の脱毛機を使用
  • 週1で通うと3ヶ月で脱毛が完了するスピード感
  • いつでも行きたい時に簡単に予約ができる
脱毛開始までの流れも分かりやすく、初回のお試しでスタッフから脱毛機の説明や脱毛完了までのシミュレーションを聞いて、システムにて次回の予約。

2回目からもうセルフで全身どこでも好きな部位を決め打ちできます

手頃な価格で脱毛初心者にもピッタリ


VIVIMOの良さは手頃な価格設定。

エステサロンやクリニックでの脱毛は安くても月額5,000円以上、中には月額10,000円を超えてくる店舗もあります。

さすがに、学生や脱毛初心者には手が出しにくい価格ですよね。

VIVIMOのプランは、セルフ脱毛だからこそ実現できた、業界最安値の月額2,000円からの完全定額通い放題です。

まるでジムに通うかのごとく、脱毛部位を分けながら、毎週のルーティーンにすると脱毛の満足度がアップします

予約が取りやすく通いやすい


VIVIMOの良さの2つ目は、予約が取りやすい事です。

エステサロンやクリニックでは、担当者が空いている日時でないと予約を入れられないため、希望の日時に予約が取れない事が多々あります。

VIVIMOなら自身で脱毛をするので担当者の空きを考えなくて済み、行きたい時に簡単に予約を取る事が可能

VIVIMOがおすすめする脱毛頻度は2週間に1度なのですが、肌の乾燥が気にならなければ、週に1度や3日に1度など頻繁に通っても良いのがありがたいところです。

エステティシャンが常駐している

VIVIMOの良さの3つ目は、エステティシャンが常にいてくれる事です。

初回に説明を受けたら、その後は何もかも全てセルフなのかな?と不安になる方がいらっしゃるかもしれませんが、VIVIMOには専門のスタッフが常駐しています。

脱毛中に困った事があったり、ちょっとした質問ができたりと、セルフ脱毛ならではの不安を取り除いてくれるので心強いですね!

まとめ

これまで自己処理で肌を傷つけてしまっていたあなたに、未来の肌を守る新しい自己処理方法としてセルフ脱毛を提案します!

業界最安値の月額2,000円の定額制なのに、専門スタッフによるサポートも受けつつセルフ脱毛できるVIVIMO。

セルフ脱毛であなたも透明感あふれるツルスベ肌と、自分史上1番の自信を手に入れましょう!