脱毛は肌荒れしてたらできない?ニキビやアトピーでも脱毛できるのかを徹底解説

「肌荒れやニキビがあっても脱毛できる?」
「肌が弱い人に合った脱毛法は?」

敏感な肌であったり、肌荒れやニキビができている場合でも脱毛は出来るのか疑問ですよね。

本記事で紹介すること
・肌が荒れていても脱毛ができるのか
・肌荒れやニキビがある場合の脱毛方法
・肌が弱く、敏感な方におすすめな脱毛
・セルフ脱毛の効果

肌に合ったお手入れで、本来の綺麗な素肌へと近づくことができますよ。

敏感な肌の方は特に、今後のスキンケアとしても参考にしてくださいね。

肌荒れしていても脱毛はできる?

肌荒れがあると、症状や肌荒れの範囲によって、お手入れができる場合とできない場合があります。

肌荒れや肌トラブルは突然起き、脱毛直前にできてしまうことも多いですよね。

そのため、肌の状態にあった適切な判断を行うことが大切です。

ここでは、ニキビ、傷・傷跡、アトピーといった症状別の脱毛との関係を紹介します。

ニキビ部分を避ければ脱毛は可能

基本的にニキビができていても、症状がでている箇所を避ければ脱毛ができ、ニキビ跡がある場合でも、普段通りのお手入れが可能です。

また、狭い範囲のみニキビができている場合は照射をおこなえますが、広い範囲にニキビができていたり化膿・炎症していたりする場合は脱毛ができません

ニキビは背中、顔周りなど、場所を問わず突然できるため脱毛直前まで注意しておくことが大切です。

その他にも、症状の出ていない局部的なニキビでも悪化するケースを配慮し、施術を見送るケースがあります。

ニキビがある場合は、脱毛サロンに直接問い合わせを行うことがおすすめです。

傷や傷跡は避けて脱毛が可能

肌荒れの1つである傷や傷跡がある場合、症状箇所を避けて脱毛が可能です。

しかし、濃い傷跡や傷の範囲が広すぎる場合は注意が必要です。

脱毛器が傷跡を色素と誤って認識してしまい、強い痛みを感じる可能性があります。

照射範囲が広がり、脱毛効果を実感しにくくなるためお手入れができるかしっかりと判断することが大切です。

症状によって脱毛効果が異なったり、痛みを伴いやすくなったりするため、傷や傷跡の程度を事前に把握し、事前にサロンへ問い合わせをしましょう。

アトピーは脱毛できない場合もある

アトピーがある場合、症状がでていない箇所であれば脱毛が可能です。

アトピーの方が注意すること
  • 赤み、発疹、出血といった症状の場合、患部を避けてお手入れが可能
  • ステロイドなどのアトピー用の薬を服用中の場合は、赤みがなくても脱毛はできない

アトピーの場合でも薬を服用していない場合は脱毛ができます

薬を服用していると脱毛ができない理由
  • 副作用で体毛が濃くなり、脱毛効果を実感しにくくなるため
  • 免疫力を低下させやすく、肌荒れや感染症のリスクが増加するため

副作用によるリスクを考慮し、アトピーの薬を服用中の場合は脱毛がおこなえません。

症状を伴っていて脱毛できるかが疑問な方は、サロンに問い合わせることで安心してお手入れが出来ますよ。

敏感肌やアトピーの方向けの脱毛方法については「敏感肌やアトピーでも脱毛できる?痛みがなくて効果の高い脱毛方法をご紹介」で詳しく解説しています。

肌荒れの原因は?

肌荒れの原因
・生活習慣の乱れや精神的ストレス
・肌に合わないスキンケアや紫外線
・自己処理やアフターケアを誤っている

肌荒れと一括りにいっても、ニキビや炎症、吹き出物、じんましんなど症状はさまざまですよね。

肌環境の悪化は化粧ノリを悪くし、顔色まで悪くする原因です。

ここでは、肌荒れを起こす3つの原因について紹介します。

生活習慣の乱れや精神的ストレス

生活習慣の乱れや精神的ストレスで口周りの吹き出物や乾燥、症状が悪化して痛みを伴う吹き出物などの肌荒れを起こします。

対策として規則正しい生活を心がけ、ホルモンバランスを整えて生理周期を正常に保てるよう意識することが大切です。

また、バランスの良い食事を行うことで便秘による肌荒れを防げますよ。

週に2から3回ほどの運動を取り入れると、肌環境の改善に効果的です。

肌に合わないスキンケアや紫外線

スキンケアが肌に合わなかったり、紫外線対策が間違っていたりすると肌荒れを起こしやすいです。

自身の肌質を正しく理解し、状態に合わせたスキンケアを取り入れることが大切です。

冬は保湿に重点をおくなどして、季節に応じた適切なスキンケアを行いましょう。

その他にも、シミやシワの原因となる紫外線対策を正しく行うことも肌状態を健やかに保つ上で欠かせません。

日常的な紫外線対策や肌に合ったスキンケアを取り入れ、トラブルが生じた際は適切な処置をすることが重要です。

手にはたくさんの細菌や汚れが付着しているため、顔を触る、擦るなども控えることも忘れないでくださいね。

清潔な状態で、肌のケアを行うことを意識しましょう。

自己処理やアフターケア方法の誤り

自己処理やアフターケアが肌に合わなかったり、誤っていたりすると肌荒れを起こしやすいです。

自己処理で起こるリスク
・皮膚の下で長く成長する埋没毛
・毛穴の奥にある毛包に細菌が溜まり炎症した状態の毛嚢炎

毛抜き、脱毛クリーム、ワックス、除毛剤、カミソリなど、自己処理の方法はさまざまですが、電気シェーバーが肌への負担が最も少なく、使用をおすすめします。

肌への負担を考え、自己処理はできるだけ控えて脱毛サロンでお手入れを行いましょう!

脱毛クリームで肌荒れしてしまう原因については「脱毛クリームで肌荒れがする?脱毛クリームで肌荒れがする理由や防ぐ方法を徹底解説」で詳しく解説しています。

脱毛で肌荒れを起こす理由は?

脱毛後に肌荒れを起こす原因は、脱毛レーザーによる刺激です。

普段は健康な肌の状態であっても、脱毛後に突然肌に異常を感じ、痛みやかゆみを伴うことはありませんか?

脱毛で肌荒れを起こす理由は以下の3つで、肌が敏感な場合は特に該当しやすいです。

ここでは、脱毛で肌荒れを起こす3つの理由を紹介します。

肌の乾燥によるもの

脱毛時の高温なレーザーの熱は、肌に大きなダメージは加わりませんが、肌の水分を蒸発させ肌の乾燥を招きます

肌が乾燥することで、バリア機能が低下します。

その結果、紫外線やホコリ、摩擦といった外部からの刺激を感じやすくなり、肌トラブルを招く可能性が高いです。

自己処理に比べると肌への刺激は抑えることができる脱毛ですが、照射時のレーザーは肌の乾燥を招く原因です。

脱毛後は肌を綺麗に保つためにも、丁寧な保湿ケアを取り入れてくださいね。

肌に熱がこもるため

2つ目は脱毛で一時的に熱が肌にこもることで、肌の乾燥や痒みに繋がるからです。

高温レーザーによって脱毛後の肌は乾燥し、一時的に火照りのある火傷をした状態になります。

体温が一気に上昇することで肌が痒みを伴い、過剰に肌をかいてしまうことで肌荒れを起こしてしまいます。

一時的な火傷自体は問題ありませんが、痒みを感じる箇所が肌荒れや肌トラブルを招く可能性があるため注意が必要です。

肌が微量のダメージを感じる

毛抜きやカミソリほど肌への負担やダメージはありませんが、微量のダメージを感じています。

自己処理は皮膚を直接削ってしまいますが、脱毛では照射時の熱で微量のダメージを受けてしまいます。

照射時のレーザーは肌に害があるものではありませんが、肌トラブルを招く場合もあるので、乾燥から肌を守る保湿中心のスキンケアを取り入れることが大切です。

脱毛で肌荒れを防ぐコツについては「顔や髭の脱毛で肌荒れする?肌荒れを防ぐコツや安全に安く脱毛する方法をご紹介」で詳しく解説しています。

脱毛後に気を付けたいことは?

脱毛後に気を付けるべきこと
  • 保湿を念入りにする
  • 日焼け対策
  • 肌への刺激を避ける

脱毛後は肌が刺激に対して敏感です。

そのため、肌に異常のない場合も、念入りなアフターケアを行うことが大切です。

ここでは、脱毛後に気を付けたいアフターケアについて紹介します。

保湿に力を入れる

肌の乾燥を予防するために、脱毛後は丁寧な保湿をすることが大切です。

保湿方法は肌に合った保湿力の高い物であれば問題ありません。
毎日顔の保湿を行うような感覚で、体全体も保湿しましょう。

肌の乾燥によって低下したバリア機能は保湿を十分に行い、皮膚の水分量を上げていくことが重要です。

乾燥を放置すると、炎症や痒みなどの肌トラブルに繋がりやすくなります。

脱毛後は、普段より念入りに保湿ケアを行うことがポイントになります。

日焼けを避ける

脱毛後は紫外線を避け、肌の日焼けを防ぎましょう。

バリア機能が低下した状態で紫外線を浴びてしまうと、外部からの紫外線ダメージにより肌の乾燥が悪化します。

また、同じ紫外線量であってもシワやシミを作りやすいです。

肌トラブルを防ぐためにも、脱毛後も日傘や上着を用いて紫外線対策を徹底することが重要です。

肌への刺激を避ける

肌は熱を持った状態のため、温めるより冷やすことを意識することがポイントです。

また、脱毛後は湯船につからずに、シャワーのみ使用しましょう。

脱毛後に赤みのある場合は、保冷剤や水で濡らしたタオルで冷やしてくださいね。

その他にも、肌への刺激となるマッサージや自己処理は避けていただきたいです。

マッサージは血行が促進され、肌の炎症に繋がるため注意が必要です。

光脱毛なら肌荒れ中でも脱毛がしやすい

アトピーや肌荒れを起こしやすい場合、光脱毛によるお手入れがおすすめです。

光脱毛とは、フラッシュ脱毛とも呼ばれ、専門医のいない脱毛サロンで行います。

自己処理による肌トラブルを防ぎ、ニキビの原因である雑菌の繁殖を防ぐこともできますよ。

ここでは、刺激を感じやすい場合でも光脱毛がおすすめな理由について紹介します。

痛みが少ない

光脱毛の嬉しい特徴の1つに照射時の痛みが少ない点が挙げられます。

個人差はありますが、医療レーザー脱毛に比べても光脱毛は照射のパワーが弱く、痛みを感じにくいです。

光脱毛ではメラニン色素が熱と光を吸収するして脱毛を行います。

肌が乾燥していると照射時に痛みを感じる原因になります。

照射時のダメージを抑えるためにも、光脱毛を行ううえでも、保湿は丁寧にしましょう

施術時間が早く産毛にも対応

光脱毛は施術時間が早く、産毛や細い毛のお手入れも可能です。

光を広範囲に照射し、肌へのダメージを抑えることでお手入れを進めていきます。

肌が敏感で痛みやダメージを受けやすくても刺激を最低限に抑えたお手入れが光脱毛で出来ますよ。

肌のケアが期待できる

光脱毛では、脱毛とセットで保湿効果の高いジェルなどを使用するため、スキンケアをおこないながら、肌に優しい脱毛が可能です。

脱毛で自己処理による肌トラブルを回避でき、毛穴詰まりや肌の乾燥を予防する効果が期待できます。

このように光脱毛では、照射時に感じる肌の小さなストレスや乾燥を予防し、肌への負担を考えながらムダ毛の処理が可能です。

肌に優しいお手入れならVIVIMOがおすすめ


光脱毛でも肌に優しいお手入れができるVIVIMOがおすすめです。

VIVIMOとは、スタッフ常駐型のセルフ脱毛サロンです。

専用の脱毛器で自分自身でお手入れを行うため満足のいくお手入れが可能です。

ここでは、VIVIMOの脱毛の3つの特徴を紹介します。

肌に優しいスピード脱毛


VIVIMOでは、最先端SHR脱毛器LIGHENCEⅡを導入し、短期間で痛みを抑えた照射が可能です。

毛包にアプローチするため毛周期に捉われないお手入れで、週に1度通えば、最短3カ月で脱毛が完了します。

1回の施術も最短15分で完了するため、空いた時間のお手入れも実現できます。

低コストで通い放題


定額制で脱毛が完了するまで月額2,000円から通い放題です。

金銭面でも安心してお手入れを始めることができますよ。

24時間いつでもインターネットから予約が可能なので、予約が取りやすいのも特徴です。

学生のうちに脱毛を済ませておきたいけれど金銭面で不安だった方や、初めての脱毛で値段を抑えたい方も気軽に通えますよ。

プライベート空間でおこなえる


VIVIMOは完全個室制のセルフ脱毛サロンのため好きな施術部位を決め打ちしたり、気になる部位の集中的なお手入れをしたり自身の希望に沿った脱毛が可能です。

スタッフにお手入れしてもらうことに対して抵抗のある方も安心して通えますよ。

予約もインターネットで簡単にできるため、プライベートを考慮しながら時間を有効的に活用して脱毛できます。

セルフ脱毛でもVIVIMOで安心してお手入れできる理由

セルフ脱毛でも安心してお手入れが行うためにさまざまな取り組みをおこなっています。

VIVIMOの取り組み
  • 個室全室にカギが付いている
  • パウダールーム完備
  • 衛生管理の徹底

自身でお手入れを行うからこそプライベートな空間を確保し、マイペースにゆっくりと脱毛できるサロンです。

メイクやヘアセットができるパウダールームを完備し、空いた時間のお手入れもおすすめです。

衛生管理も徹底していて、掃除の徹底、除菌・抗菌というような清潔な環境を整えています。

肌に優しいお手入れはセルフ脱毛サロンVIVIMOがおすすめ

肌荒れと一括りにいっても、症状が悪化したり痛みを生じていたりすると、脱毛が行えない場合があるため、脱毛直前までしっかり肌状態を確認しておくことが大切です。

肌が弱い方や肌への負担を抑えたい方は、自己処理ではなく、光脱毛でお手入れを行うことがおすすめです。

VIVIMOでは、低コストで負担を抑えて肌に優しいお手入れが出来ます。

肌が敏感な方は特に、セルフ脱毛サロンVIVIMOでお手入れしましょう!