顔や髭の脱毛で肌荒れする?肌荒れを防ぐコツや安全に安く脱毛する方法をご紹介

・ムダ毛処理で肌荒れが起きるって本当?
・どんな処理方法だと肌荒れが起きるの?
・顔や髭の脱毛で、どんな肌荒れリスクがあるの?
・肌荒れリスクなしで脱毛できる方法はないの?

今や身だしなみの一つとなったムダ毛の処理。
あなたはどのようにお手入れしているでしょうか。

安価に手に入る道具で、手軽にムダ毛のお手入れをしている方も少なくないと思いますが、そのお手入れが肌荒れを引き起こす可能性があるのを知っていますか?

本記事で紹介すること
・顔のうぶ毛を除毛するメリット
・ムダ毛自己処理による肌荒れリスク
・手軽に通えるセルフ脱毛サロンについて

ツルスベ肌を手に入れて、顔だけでなく全身垢ぬけを目指しましょう!

脱毛したいけど肌荒れはしたくない!そんな方はぜひ参考にしてください。

顔のうぶ毛ケアをするメリット

顔のうぶ毛は、紫外線や、花粉やホコリなどの小さい刺激物が直接肌に触れるのを防ぎ、肌を守ってくれる役割があります。

肌の防御を担ってくれているうぶ毛ですが、処理することで得られるメリットもあります。

ニキビができにくくなる

うぶ毛の毛穴に皮脂が詰まり、そこにニキビの元となるアクネ菌という雑菌が繁殖することでニキビは発生します。

顔のうぶ毛を剃ると、うぶ毛に絡まった余分な皮脂や汚れも取り除くことができ、ニキビができにくくなります。

産毛には皮脂汚れが絡まりやすいので、毛がなくなることで、雑菌が溜まりにくくなるからです。

また、うぶ毛を剃ると毛穴をふさいでいる角質も除去でき、毛穴の奥まで洗えるようになるため雑菌の繁殖を防ぐことができます。

肌がトーンアップする

日本人の場合、髪の毛と同じように顔のうぶ毛にもメラニン色素が含まれています

そんなうぶ毛が顔中を覆っていると、肌のトーンが暗く見えてしまうんです。

顔中を覆っている、メラニン色素を含んだうぶ毛を取り除くことにより、肌のトーンが明るく見えるようになります。

また、うぶ毛が絡めとっていたホコリも一緒に剃り落とすことができ、これもトーンアップにつながります。

化粧ノリが良くなる

顔にうぶ毛が生えていると、ファンデーションの粉がうぶ毛に付いてしまい、肌に付くのを邪魔してしまいます。

うぶ毛を剃ることで、肌の表面が平らになり、ムラなくファンデーションを密着させることができますよ。

顔脱毛で毛穴レスの陶器肌になる方法については「顔脱毛で毛穴がなくなるって本当?顔脱毛するメリットや効果を徹底解説!」で詳しく解説しています。

自己処理で肌荒れが起きる!?

自宅でのムダ毛の自己処理は、身近な道具で、思い立った時に除毛できて手軽ですよね。

しかし、そのお手入れが肌荒れの原因になっているかもしれないんです。

ムダ毛の自己処理の方法は様々ありますが、肌荒れリスクのある自己処理方法をご紹介します。

カミソリ

薬局や100円ショップなどで比較的安価に手に入るカミソリ。
繰り返し使えて便利ですよね。

しかし、カミソリでムダ毛処理をすると、ムダ毛だけでなく肌の角質も落としてしまうデメリットがあります。

角質には、肌の一番外側の部分で乾燥や刺激から守るバリア機能の役目があります。
この角質が落ちてしまうと、肌は乾燥や刺激にさらされて肌荒れを引き起こしてしまいます。

カミソリは刃物なので、上手にシェービングしたとしてもお肌は少なからずダメージを受けてしまいます
場合によっては、シェービングの最中に切り傷をつくってしまうこともあり、その傷跡が残ってしまうなんてことも…。

カミソリ負けで肌荒れしたときの対処法については「ムダ毛処理でぶつぶつになったりカミソリ負けした時の対象法は?肌荒れを防ぐ方法も解説」で詳しく解説しています。

毛抜き

毛抜きによるムダ毛処理は、ムダ毛を根元から取り除くことができるため、再び生えてくるまで期間が空くというメリットがあります。

しかし、雑菌が入り込んだり、毛穴が詰まることによって炎症を起こす可能性があります。

また、毛抜きで毛を引っ張ると、その方向に毛穴が突起します。

これを繰り返すことで、肌の表面がブツブツした見た目になってしまいます。

除毛クリーム

除毛クリームは、塗って洗い流すだけという手軽さがありますが、肌荒れの原因になる場合もあります。

除毛クリームは、ムダ毛に含まれるタンパク質を溶かすことで除毛しますが、肌に含まれるタンパク質にも作用し、肌にダメージを与えてしまいます。

もともと皮膚の薄い部位への使用を控える注意書きがあることも多く、顔やVIOには使えません

除毛クリームで肌荒れする理由と対処法については「脱毛クリームで肌荒れがする?脱毛クリームで肌荒れがする理由や防ぐ方法を徹底解説」で詳しく解説しています。

どんな肌荒れリスクがあるの?

うぶ毛のないツルスベ肌を手に入れるはずが、肌トラブルを引き起こしてしまったらがっかりしますよね。

ムダ毛の自己処理によって起きる肌トラブルにはどんなものがあるのでしょうか。

ムダ毛の自己処理による肌トラブル
  • 乾燥
  • 毛嚢炎(もうのうえん)
  • 埋没毛(まいぼつもう)
  • 色素沈着
  • 炎症・赤み
  • 傷・傷あと
  • 肌をたるませる

乾燥

カミソリなどで角質がダメージを受けると、肌のバリア機能が低下乾燥を引き起こします。

バリア機能が低下しているため乾燥した肌は刺激を受けやすく、どんどん肌荒れが進んでしまいます。

毛嚢炎(もうのうえん)

毛嚢炎は、傷ついた皮膚や毛穴から細菌が侵入することで起きる肌トラブルです。

不衛生な道具を使って自己処理をすることで、毛根の周囲に赤みや腫れ、化膿などの炎症を引き起こします。

埋没毛(まいぼつもう)

ムダ毛の成長よりも肌組織の成長の方が早いため、先に成長した肌組織の下で埋もれたままムダ毛が成長してしまうのが「埋没毛」です。

カミソリや毛抜きでの自己処理により肌が傷つき、毛穴がふさがってしまうと埋没毛が起きてしまい、時には炎症なども引き起こします。

色素沈着

ムダ毛の自己処理により繰り返し刺激を受けると、肌の中でメラニンが生じて色素沈着を引き起こし、肌が黒ずんでしまいます。

「自宅で自己処理」では終わりが見えない

ムダ毛って処理してもまたすぐに伸びてきてしまってお手入れが大変ですよね。

カミソリや除毛クリームによる除毛は、肌の表面部分の毛を取り除いているだけなので、皮膚の下に残った毛根部分からムダ毛は再び生えてきます。

また、ムダ毛は1日に0.2~0.4mmほど成長するため、2、3日に一度はムダ毛を処理するという女性も多いそうです。
ムダ毛処理に費やす時間は、なんと一生で600時間を超える計算になるというデータもあります。

いくら頑張っても何度もムダ毛は生えてきますし、その度にムダ毛処理を繰り返すので、肌へダメージを与え続けてしまいます。

ツルスベ肌を手に入れるつもりが、気が付いたらダメージだらけの肌になっていたら嫌ですよね。

脱毛するならVIVIMOがおすすめ!


いくら手軽だとはいえ、ムダ毛の自己処理には肌荒れのリスクが付きまといます
そして、自宅でのムダ毛の自己処理には終わりがなく、ムダ毛が生えてくる限りずっと続けなければなりません。

「ムダ毛を放置するのは嫌だけど、自己処理で肌荒れを起こすのも嫌」
「どうしたら肌荒れしないでムダ毛をなくせるの?」

そんな方にぜひおすすめしたいのが、セルフ脱毛サロンのVIVIMOです。

VIVIMOは一般的な脱毛サロンと違い、セルフで脱毛施術を行うことができる脱毛サロンです。

セルフ脱毛サロンの特徴
サロンスタッフではなく、利用者自身でマシーンを使って施術する
一般的な脱毛サロンと比べて、低コストで利用することができる場合が多い

セルフ脱毛サロンの中でもVIVIMOがおすすめな理由は、最新式の脱毛マシーンを導入しているから。

顔のうぶ毛の脱毛は、レーザー脱毛などでは効果を感じにくいこともあるとされていますが、VIVIMOの脱毛マシーンなら問題なく施術することができます

最新式脱毛マシーンが使える

VIVIMOでは、SHRの最新脱毛マシーンを導入しています。

SHR式脱毛マシーンは、毛を生やすよう指令するバルジ領域に熱ダメージを与えることで脱毛するため、毛のメラニン色素にアプローチするレーザー脱毛や光脱毛にはないメリットがあります。

SHR式脱毛のメリット
  • 毛の色が薄いうぶ毛や金髪にも効果がある
  • 肌の色やほくろに関係なく手術できる
  • 毛周期に関係なく施術できるので、早く脱毛完了できる
  • 痛みが少ない

メラニン色素に働きかける脱毛方法の場合、薄い毛色のうぶ毛や金髪に対しては効果が低いとされています。
しかしVIVIMOで導入している脱毛マシーンは、毛色に関係なく脱毛することが可能なので、ほかの部位に比べて色の薄い顔のうぶ毛にも施術できます。

レーザー脱毛などの場合、施術後から数日経つと毛がポロポロと抜け落ちていきますが、SHR式脱毛の場合は、効果を感じるまでに1~3週間かかるとされています。

SHR式脱毛はバルジ領域にダメージを与えるため、現時点ですでに生えているムダ毛には効果が感じにくいんです。

しかし、これから生成される毛を抑える効果はちゃんとあるので、すぐに脱毛効果を実感できなくても、焦らずに脱毛を続けてみてください。

美肌効果も期待できる

VIVIMOで使われている脱毛マシーンでは、ラジオ波を使用した施術モードを使うことができます。

ラジオ波は、フェイシャルサロンなでも使用されている高周波エネルギーのことで、真皮層にある繊維芽細胞という組織を刺激してコラーゲンが生成を促します
これにより、肌のリフトアップや毛穴が引き締まるといった効果が期待できるんですよ。

肌のターンオーバーを促すことで、シミ・くすみ・にきびにも効果があり、脱毛と同時に美肌効果も期待できます。

予約がとりやすい


一般的な脱毛サロンでは1回の施術に時間がかかるため、あらかじめ予約をとって決まった時間にサロンに行く必要がありました。
また、施術するのはサロンスタッフなので、自分の予定が空いていたとしても、対応してくれるスタッフがいなければ予約はとれません。

VIVIMOはセルフ脱毛サロンなので、空きがあれば当日でも予約ができちゃいます!

VIVIMOの脱毛は1回の施術時間が短いので、予約もとりやすいんです。

VIVIMOは定額制・通い放題


VIVIMOは低コストで利用できるのも魅力のひとつ。

VIVIMOの料金プラン
  • 「定額通い放題」
    通常プラン 月額2,000円。
  • 「10カ月通い放題プラン」
    通常プラン 月額2,500円。学生プラン 月額2,000円。
  • 「1ヶ月単位で通い放題完全定額プラン」
    通常プラン 月額9,800円。学生プラン 月額7,800円。

これまでは、1回あたりの料金が1万円以上かかることが珍しくなかったため、「脱毛といえばお金がかかるもの」というイメージを持っていた方も少なくないと思います。

VIVIMOなら圧倒的に低コストで利用することができます。

スタッフ常駐で安心

セルフ脱毛のVIVIMOですが、サロンにはスタッフが常駐しています。

脱毛マシーンの使い方や、利用時にトラブルが発生した場合はすぐに相談することができるので、安心して利用できますよ。

お試し体験ができる

VIVIMOの雰囲気を実際に見てみたい方には、お試し体験がおすすめ。

マシンの使い方を教えてもらえたり、30分間全身に施術することもできます。

お試し体験の料金は1回税込み2,000円ですが、2月中なら体験料金は0円!

無料で体験できるうちに、ぜひ利用してみましょう。

また、インスタグラムの公式アカウントで、実際の利用方法などを紹介しています!
どのように施術するのか動画で見ることができるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

VIVIMOの脱毛は「3つのメリット」がある

VIVIMOの脱毛は3つの「短」いメリットがあります。

VIVIMOの脱毛3つのメリット
  • 1回の施術時間が短い
  • 施術期間の間隔が短い
  • 脱毛完了までの期間が短い

1回の施術時間が短い

これまでは全身を施術するとなると、3時間前後の時間がかかってしまうのが常識でした。

VIVIMOの脱毛マシーンは、1秒間に10ショットという高速10連射脱毛ができ、1回あたりの施術を短時間で済ませることができます

施術期間の間隔が短い

VIVIMOで採用しているSHR式脱毛は毛周期にとらわれず施術ができるので、毎日でも施術が可能です。

メラニン色素に反応させる脱毛方法だと、成長初期→成長期→退行期→休止期と過程を踏む毛周期のうち、成長期の時期にしか効果を与えることができません。
そのため、毛周期に合わせた脱毛は2~3ヵ月に一度しか施術ができないのです。

VIVIMOの脱毛方法は、毛包全体に熱を伝える脱毛方式なので、毛周期に関係なく施術ができます。

脱毛完了までの期間が短い


毛周期に合わせた脱毛方法は、2~3ヵ月に一度しか施術ができないために脱毛完了まで年単位の時間がかかってしまいます。

医療脱毛(レーザー脱毛)なら1~2年、美容脱毛(サロン脱毛)なら3~4年かかると言われています。

毛周期を気にせず施術できるVIVIMOなら、短いスパンで施術できるので、最短3ヵ月で脱毛完了できてしまいます。

まとめ

手軽に行えるムダ毛の自己処理ですが、肌荒れリスクがつきまとい、終わりが見えないなどのデメリットがあるとわかりましたね。

・脱毛したいけど、肌荒れは避けたい!
・面倒なムダ毛処理を終わらせたい!
・できるだけ手軽にムダ毛をなくしたい!
・しっかりと効果のある方法で脱毛したい!

そんな方には、セルフ脱毛サロンのVIVIMOがおすすめ!

肌へのダメージが少なく、3つの「短」で手軽に・しっかり脱毛できちゃうVIVIMOをぜひチェックしてみてください!

次の夏までに脱毛を完了させて、ツルスベ肌を手に入れましょう!