脱毛クリームで肌荒れがする?脱毛クリームで肌荒れがする理由や防ぐ方法を徹底解説

脱毛サロン 肌荒れ アイキャッチ

\2022年!おすすめプランPickUP♡/
セルフ脱毛サロン VIVIMO渋谷

・脱毛はどんな肌ダメージがあるの?
・脱毛クリームは安全なの
・脱毛の自己処理って肌荒れが起きやすい?

脱毛にまつわる悩みはつきません。
ムダ毛の自己処理は手軽で簡単ですが、肌荒れが起きやすいと言われています。

この記事で解説すること
・脱毛クリームによる肌ダメージ
・脱毛クリームの働きや含まれている成分
・なぜ脱毛の自己処理で肌が荒れるのか
・セルフ脱毛サロンによる安心安全な自己処理脱毛

自己処理の脱毛による肌ダメージが心配!

私たちの肌は思っている以上にデリケートです。

脱毛による肌ダメージにどんなものが起こりやすいのか、ムダ毛の自己処理をする前に肌トラブルの種類を確認しておきましょう。

かゆみや赤みが起こる

カミソリで自己処理した場合、肌表面がかゆくなったり赤みを帯びることがあります。

原因は、カミソリの刃がムダ毛と一緒に肌表面の角質をそぎ落としてしまったことで肌あれが起こるからです。

古いカミソリを使ったり、同じ場所に何度もカミソリを使うことで症状はさらに悪化してしまうので気をつけましょう。

肌が黒ずむ

自己処理による肌ストレスが蓄積されると、ストレスから肌を守るためにメラニンが分泌されます。

メラニンの過剰分泌によって肌にメラニンが蓄積されると、肌がどんどん黒ずみます

ムダ毛の自己処理は肌ストレスを感じやすいので注意が必要です。

毛嚢炎が起こる

毛嚢炎とは、毛穴の中で炎症が起きている状態を意味します。

ムダ毛の自己処理に毛抜きやワックスを使った場合、強引にムダ毛を抜いたことで毛穴に穴が開いた状態になります。
この毛穴にバイ菌が入り、毛穴の中で炎症が起きてしまいます。

そのままの状態を放置すると化膿しますし、無理やり毛穴の膿を出そうとすると痕が残りやすいので要注意です。

肌が乾燥する

カミソリを使って自己処理した結果、肌の角質をそぎ落としてしまたり、脱毛クリームを使うことで薬剤によって肌荒れが起こり、それらが原因となって肌が乾燥しやすくなるのは珍しいことではありません。

脱毛クリームを使う前に知っておきたい大切なこと

脱毛クリームはどんな特徴を持つのか、実際に使う前に含まれている成分や悩みを解決したい方も多いのではないでしょうか。

使う前に知っておきたいポイントをいくつかご紹介します。

脱毛クリームの働き

ムダ毛の自己処理に使う脱毛クリームとは、肌に直接塗ることでムダ毛を除去する薬剤です。

肌に直接塗るだけなのでムダ毛のお手入れがシンプルな便利アイテムとして注目されていますが、ムダ毛を除去するために強い薬剤を使っているので、肌荒れなどの肌ダメージが大きい特徴を持っています。

ムダ毛はたんぱく質で出来ているので、このたんぱく質を溶かすための有効成分が含まれています。

脱毛クリームでムダ毛が濃くなる?

ムダ毛の処理とムダ毛が濃くなる噂はいつの時代も聞こえてきますが、ムダ毛を自己処理したことでムダ毛が濃くなることはありません

脱毛クリームも同様で、脱毛クリームを使ってムダ毛処理したからといってムダ毛が濃くなる症状は起こることはありません。

ムダ毛が処理された際に毛の断面が表面に見えてしまうため、ムダ毛が濃く見えるような錯覚が起きているだけです。

脱毛クリームの主成分「チオグリコール酸カルシウム」とは

脱毛クリームに含まれている主成分はチオグリコール酸カルシウムです。

たんぱく質に反応する性質を持っているので、ムダ毛のある場所に脱毛クリームを塗ると、たんぱく質で形成されているムダ毛が反応し、ムダ毛が分解されることで脱毛されます。

肌に対する刺激が弱いと言われているものの、実際にはパーマ液などにも使われている成分なので、刺激が弱いとは言い切れず、肌荒れの可能性は捨てきれません

脱毛クリームで脱毛できない部位がある

ムダ毛を溶かして脱毛する成分が含まれているため、肌荒れが起こりやすい脱毛クリームは、脱毛できない部位があります。

商品の説明にも書いてあることが多いですが、顔やデリケートゾーンなど肌の弱い部分に使うことはできません。
一般的に脱毛クリームは脇の下や腕、足などのムダ毛に使うことを推奨しています。

肌質は丈夫な方だから問題ないと自己判断で使ってしまうと、肌荒れなどのトラブルに見舞われる恐れがありますので、使用を推奨されていない部位に使うことは絶対にやめましょう。

脱毛の自己処理は肌荒れが起こりやすい

自己処理による脱毛はとても手軽で簡単ですから、毎日のケアのひとつとして取り入れたいところですが、実際に肌荒れが起こりやすいため、ムダ毛の自己処理は注意が必要です。

なぜ肌が荒れてしまうのか

そもそも肌荒れとは、肌に刺激があることで起こることが分かっています。

例えば太陽の紫外線によるストレスもそうですし、肌に潤いがなくなってしまう乾燥も肌荒れの原因になります。
そのほか、ストレスがたまると肌荒れが起こりやすいですし、女性の場合は生理などでホルモンバランスが乱れることも肌荒れの原因であることが分かっています。

毎日お肌のために続けているスキンケアも、やり方が間違っていればそれが肌荒れに直結することもありますので、肌が荒れやすいと感じている場合はスキンケアを見直す必要もでてきます。

脱毛の自己処理も肌ストレスになります。

肌が荒れているときの脱毛はNG?

様々な原因から肌荒れが起きてしまった場合、さらにムダ毛の自己処理による脱毛で肌ストレスを与えることは新たな肌荒れを生む可能性が非常に高いので避けたいところです。

ムダ毛の自己処理は肌荒れが起きやすいので、肌荒れが治ったとしても、また自己処理による肌荒れが起こる可能性は捨てきれません。

肌荒れしてしまった時の脱毛可否については「脱毛は肌荒れしてたらできない?ニキビやアトピーでも脱毛できるのかを徹底解説」で詳しく解説しています。

こんなムダ毛処理は避けて!

肌ダメージによる肌荒れを防ぐために、ムダ毛の自己処理の避けてほしいポイントをピックアップしました。

カミソリでムダ毛を剃る

ムダ毛の自己処理の中で特にシンプルで簡単な方法が、カミソリを使ったムダ毛処理ではないでしょうか。

カミソリを当てるだけでムダ毛をスルスルと処理できるので、忙しい毎日の中でも簡単にムダ毛の処理ができますが、カミソリの刃を当てた部分の皮膚表面は角質がはがれたことで肌ダメージを受けます。

肌ダメージを受けた肌は肌荒れを起こしやすくなりますし、肌表面に見えていたムダ毛を処理しただけなので、すぐにまたムダ毛が目立ってしまいます。

そのため、カミソリによるムダ毛の自己処理は頻繁に繰り返すことになり、常に肌が荒れてしまう恐れがあります。

毛抜きでムダ毛を抜く

ムダ毛を根元から処理するために毛抜きで抜く自己処理もありますが、抜いた直後はムダ毛がなくなりスッキリするものの、毛穴が開いた状態が続くことで毛穴に汚れやバイ菌が入り込み、そこから肌荒れが起こりやすいので注意しましょう。

また、強引に毛抜きで抜いたことで毛穴に強い刺激を与えてしまい、炎症が起きる恐れもあります。

毛抜きでムダ毛を根元から抜いても、一定の時期が経てばまたムダ毛が映えてくるため、毛抜きによるムダ毛の自己処理は一時的なものでしかありません。

ハサミでムダ毛を切る

ハサミでムダ毛を切れば肌にかかるストレスがほぼないため、肌ダメージによる肌荒れを回避することは可能です。

しかし、ハサミを使って肌表面スレスレにムダ毛をカットするのはとても難しく、結果的にムダ毛の断面が見えてしまうため、実際にはムダ毛が濃くなっていないのにもかかわらずムダ毛が濃くなった印象を与えてしまいます。

自己処理のリスクについては「みんなムダ毛処理は何日おきにしてるの?頻度やムダ毛の自己処理のリスクもご紹介」で詳しく解説しています。

女性たちの注目を集めるセルフ脱毛サロンの魅力

ムダ毛の自己処理は肌ダメージが多いことが分かりましたよね、

・脱毛したほうがいいのはわかるけどお金がない
・早く効果を実感したい
・デリケートゾーンとか見られるのが恥ずかしい

このような思いから、なかなか脱毛サロンにいけないということはありませんか?

そんな女性たちの間で「セルフ脱毛サロン」の魅力が広まりつつあります。

肌ダメージを回避しながら、安くスピーディーに脱毛ができる、これがセルフ脱毛サロンの魅力です。

セルフ脱毛サロンの特徴

一般的な脱毛サロンは、専属のスタッフによる脱毛施術が行われます。

セルフ脱毛サロンでの脱毛は、脱毛機器を自分で扱い、自分で脱毛施術を行います

まさしく、脱毛をセルフで行うサロンというわけです。

今話題のセルフ脱毛サロンについては「セルフ脱毛サロンとは?効果や特徴やメリットなどについてサロン店員が徹底解説!」で詳しく解説しています。

自分で脱毛施術ができる

通常の脱毛サロンでは、専属のスタッフが脱毛機器を扱い施術が行われるので、スタッフ任せですべての脱毛施術が進んでいきます。

セルフ脱毛サロンは時間制で営業しており、定められた時間内であれは、自分の好きなように脱毛することができます

念入りにしっかり、ぬかりなく脱毛することができるので、最後まで納得のいく脱毛施術が体験できます。

脱毛したい部位を自由に選べる

通常脱毛サロンでは、脱毛施術をする部位が決められています。
そのため、ムダ毛が薄い濃いに関係なく、同じ料金で同じやり方で施術が進められます。

これに比べてセルフ脱毛サロンは、自分で脱毛機器を使って脱毛できるので、時間内であればどの部位でも自由に脱毛することができます
ムダ毛の少ない場所を一気に脱毛することもできれば、ムダ毛の多い場所を時間内に徹底的に脱毛することもできます。

また、何度も通ううちにムダ毛が生えにくい場所を後回しにして、ムダ毛が生えやすい部位を繰り返し施術することもできます。

リーズナブルな値段でお財布に優しい

セルフ脱毛サロンは自分で脱毛するため、施術のためのスタッフが在籍していません。

人件費を大幅に削減することで経費削減に成功しました。

その分通常の脱毛サロンに比べてお得な値段で脱毛施術を受けることができるようになりました。


\2022年!おすすめプランPickUP♡/
セルフ脱毛サロン VIVIMO渋谷


よかったらシェアしてね、ともだちもしりたがってるかも!