脇を脱毛すると臭いが消える?脱毛でワキガが軽減する3つの理由も徹底解説

・脱毛をするとワキガがましになったと聞くけど本当?
・ワキガが恥ずかしいし迷惑をかけると思うと脱毛に行けない。
・脱毛後に脇汗が増えると聞いていて不安。

ワキガの悩みは人には言いづらく、同じような状況の人でないと相談できないですよね。

ワキガの人は脱毛に行けるのか、などの疑問も恥ずかしくて聞くに聞けないと思います。

本記事はそのような悩みをお持ちの人に読んでいただきたいです。

この記事で紹介すること
・脇汗が臭う原因とワキガの原因
・脱毛するとワキガが治るのか?
・脱毛してワキガが悪化した時の対策
・ワキガでも脱毛に行ける?おすすめの方法

これまでワキガがコンプレックスで脱毛に踏み切れなかったあなた!

人の目を気にせずに脱毛して清潔な脇を手に入れましょう

どうして脇汗は臭うの?

汗=くさいというイメージがあるかと思いますが、脇汗そのものが臭うのではないのです。

汗をかいた後にそのまま放置してしまうと、皮膚にいる細菌(常在菌)が汗を分解して臭いを生み出します

汗をかいたまま放置する時間が長いほど、汗と皮膚にある垢や皮脂が混ざり合って分解が進み、より強い臭いを発してしまうのです。

その他にも、日常生活で疲労やストレスが溜まることも脇汗が臭くなってしまう原因の1つになります。

過度の疲労やストレスを受けると血液中のアンモニアが濃くなり、汗と混じって強い臭いを放つので、「汗クサっ!」と思う時はストレスや疲れが溜まっているかもしれませんね。

ちなみに、アンモニアはトイレの嫌な臭いとなる成分の1つでツンとした臭いが特徴です。

脇汗が気になる時の対策

暑い日や暖房の効いている室内など、脇汗が出てどうしても臭いが気になる時ってありますよね。

そのような時の脇汗の臭い対策を簡単にご紹介します。

  • 汗をかいたら汗拭きシートなどでこまめに拭く
  • 運動後はシャワーを浴びる

まず重要なのは、かいた汗を菌に分解させないことです。

また、根本解決にはならないものの、臭いを抑えるなら制汗スプレーやデオドラントクリームなども有効です。

汗の臭いを強めないようにしたいなら、食生活や生活習慣を見直しましょう。

例えば普段の生活でファストフードやお肉ばかりを食べていると、汗だけでなく体臭が強くなってしまう元になります。

そして、ストレスが溜まったら適度に発散したり、疲れが溜まったら意識してリラックスをしたりという意識も良いですね。

脇汗の臭い対策だけでなく、自身の健康にも繋がるのでおすすめの方法と言えます!

ワキガの原因

ワキガの原因はいくつかあるのですが、特に臭いの要因となりやすいものを4つピックアップしました。

ワキガの原因
  • アポクリン腺が多いこと
  • 蒸れにより雑菌が繁殖すること
  • 慢性的なストレスや食習慣の乱れ
  • 誤った方法での自己処理

これらはワキガの原因になってしまうだけでなく、ワキガの臭いをさらに強めるきっかけにもなり得ます。

アポクリン汗腺が多い

人間の汗は汗腺という場所から出てくるのですが、汗腺には「エクリン腺」「アポクリン腺」という2種類があります。

2種類の何が違うのかと言うと、

  • エクリン腺は体のいたるところに存在
  • エクリン腺から出る汗はサラサラ
  • アポクリン腺は脇や陰部など特定の部位に存在
  • アポクリン腺から出る汗はベタベタ

と、このような違いです。

元々どちらの汗腺から出る汗も無臭なのですが、アポクリン腺から出る汗にはタンパク質や脂質などが含まれていて、分解された時に嫌な臭いを放ちます。

アポクリン腺は脇や陰部など特定の部位の毛包の中にのみ存在するので、ワキガが重症の人は脇毛や陰毛が多い傾向にあるでしょう。

蒸れることで皮膚に雑菌が繁殖する

脇は、腕を閉じると通気性が悪くなり蒸れやすくなります。

そして、蒸れる部位は雑菌が繁殖しやすく、臭いが通常より強くなり得るのです。

汗をかいた状態で腕を閉じたまま1時間以上放置してしまうと、常在菌が汗を分解するのに加えて雑菌が繁殖するので、ワキガではない人でも脇の臭いがきつくなります。

脇汗は暑い時の体温調節だけでなく、緊張したときや精神的にストレスを感じる時など様々なシーンでかくものですから、こまめに拭くなどの対策を取るのが良いでしょう。

なかなかこまめに拭けないような時や、夏の暑い日は、インナーの替えを持っていくのも1つの手かもしれません。

ストレスや食習慣の乱れ

ワキガの臭いや体臭などの臭いは、生活習慣の乱れによっても変わります。

普段、肉料理や脂っこい食事を摂りがちな場合、皮膚が酸性に傾き、臭いを発する菌が増殖しやすくなってしまうのです。

ワキガの人が多く持つアポクリン腺からの汗には、タンパク質や脂質が含まれているため、食事でタンパク質や脂質を摂りすぎてしまうと汗に含まれる分も増えます。

また、肉類などに含まれるタンパク質の消化には多くのエネルギーを消費し、汗が出やすくなるので、ワキガや多汗で悩む人は注意しましょう。

食事はできるだけ野菜類や魚類、海藻、大豆などを摂り、バランスの良い食生活を心がけるのがベスト。
和食がおすすめです!

誤った自己処理

誤った自己処理はワキガの直接の原因ではないものの、ワキガ臭を強くする可能性があります。

脇の臭いは脇毛が密集することで出やすいので、脇毛の処理自体は良いことです。

しかし、カミソリや毛抜きなど、肌にダメージを与えるような自己処理をすると、肌に過度の刺激が与えられて臭いがきつくなるので控えましょう。

脇毛の処理をするなら、カミソリや毛抜きのような肌に刺激を与える処理よりも、肌にダメージを与えにくいのに毛に対してはしっかりアプローチできる脇脱毛が良いです。

脱毛するとワキガは治る?

「脱毛をするとワキガが治る」という噂を聞いたことがあるかもしれませんが、脱毛はワキガそのものを根本から治す方法ではありません

しかし脱毛によって、毛が密集して蒸れることで発される臭いを軽減できるだけでなく雑菌の繁殖が少なくなります。

また、脇脱毛が完了すると自己処理がいらなくなり、肌への刺激や傷口からの菌の侵入も抑えられて、嫌な臭いが出る原因が改善していくでしょう。

脱毛をすると毛がなくなった兼ね合いで、一時的に脇汗が増えるような気がする場合がありますが、時間が経てば脇汗をかきにくくなっていきます。

脇を蒸れにくく清潔に保つには、脱毛が特に有効な方法なのです。

わきがになる仕組みについては「脱毛したらワキガが悪化するって本当?ワキガの仕組みや脱毛でワキガが軽減される理由を解説」で詳しく解説しています。

しかし、ひとくちに脱毛と言っても、いくつか種類があるので、脱毛の種類をご紹介します。

ワキガ対策のための脱毛方法3つ

ワキガや脇汗の臭い対策として有効な脱毛ですが、脱毛はやり方や行う場所などで種類が分かれているので、今回は3つの方法をピックアップしてお伝えします。

医療脱毛…クリニックで医師がレーザーを当てる脱毛。
ニードル脱毛…脱毛サロンやクリニックで微量の電気が流れる針を用いた脱毛。
フラッシュ脱毛…脱毛サロンで脱毛用の光を当てることで行う脱毛。

脱毛によって、痛みやコストなど様々な違いがありますので、ぜひ脱毛選びの参考にしてみてください。

医療脱毛

医療脱毛は医師によって行われる脱毛で、その名の通り医療行為にあたります。

毛が再生する元となる毛根細胞という組織にレーザーを当てて破壊し、毛が生えて来ないようにする方法で、脱毛は永続的に持続します。

医療脱毛のメリット
  • 少ない回数で毛が無くなるので、できるだけ短期で毛をどうにかしたい人に向いている
医療脱毛のデメリット
●保険が効かない自由診療となり経済的な負担が大きい
●高威力のレーザーの熱で毛根細胞にダメージを与えるのでかなりの痛みを伴う

万が一痛みが引かなくても、医師がいるので薬を処方してもらえます。

ニードル脱毛

ニードル脱毛は種類により、脱毛サロンとクリニック両方で可能です。

毛根周辺にのみ電気を流して組織を破壊する「絶縁針脱毛」はクリニックで行われており、医療レーザー脱毛では行えない白髪も脱毛できます

一方、大手の脱毛サロンなどで行われる「フラッシュ法」は高周波の電気を使用し、「ブレンド法」は高周波・直流の電気を両方使用します。

組織を破壊するのは医療行為でしか認められておらず、サロンで行うニードル脱毛は発毛組織のタンパク質を熱で固めて減毛します。

ニードル脱毛のメリット
  • レーザーでは難しい部位や日焼けした肌の脱毛もできる
  • 脱毛方法の中で唯一の永久脱毛である
ニードル脱毛のデメリット
●毛穴に電気を流すため痛みを伴う
●毛穴1つ1つに対して行うため時間がかかる
●脱毛の1〜2週間前から自己処理ができない

フラッシュ脱毛

フラッシュ脱毛は、近年脱毛サロンで定番化している脱毛方法です。

成長している黒い毛の毛根にあるメラニン色素に対して脱毛用の光を当て、毛根と繋がっている「毛乳頭」にダメージを与えることで減毛。

何回も繰り返し当てていくことにより、これから生えてくる毛を抑えます。

また最近では、黒い毛だけでなくムダ毛全体の「バルジ領域」という毛を成長させる細胞を生み出す場所に熱を当てて抑毛をしていく方法も出てきました。

フラッシュ脱毛のメリット
  • 医療脱毛やニードル脱毛と比べて痛みを感じにくい
  • 負担する費用が比較的安い
フラッシュ脱毛のデメリット
●1回の威力が弱いために何度も回数を重ねないとならない
●変化の持続が永続ではない

脇は毛が太いため、どの脱毛方法でも痛みを伴います
脱毛初心者の人や痛みが不安な場合はフラッシュ脱毛をおすすめします。

脱毛に対する疑問や不安

ワキガの臭いを少しでも軽減するためには脱毛が良いとは言え、できることなら、脱毛に対しての疑問や不安を解消してから安心して通いたいですよね。

そこで、ワキガの人が持ちやすい脱毛への疑問について回答します。

・脱毛後にワキガが悪化してしまった場合の対策
・ワキガが気になって脱毛に行けない場合の方法

脱毛後にワキガが悪化したらどうすれば良い?

脱毛は脇汗を抑えて臭いも軽減してくれますが、脱毛後の皮膚に皮脂が溜まってしまって悪臭が出ることがあります。

脱毛をしてもワキガの原因となるアポクリン腺の数は変わらないので、ワキガ自体が急に悪化したというよりは悪化したように感じてしまっているだけの場合がほとんどです。

脱毛後に脇の臭いが気になるようであれば、温めたタオルで脇を優しく抑えて皮脂を拭き取ったり、必要以上に脇汗や臭いのことを考えないのが良いでしょう。

ワキガを気にするあまりに、ストレスが溜まって脇汗をかきやすくなってしまうと悪循環ですからね。

そもそも脱毛は毛を無くすことで菌の繁殖を抑えて汗の分解による臭いを抑えるだけなので、根本的にワキガを治すには手術などの治療をするのが確実です。

ワキガが恥ずかしくて脱毛に行けない場合は?

ワキガの場合、「人にどう思われるだろう?」という不安が常につきまとっているでしょう。

脱毛をして少しでも臭いを軽減したいと思いつつも、サロンやクリニックのスタッフに嫌な顔をされないか、不快感を与えてしまわないかと心配が尽きないはず。

そんな心配を解消する画期的な脱毛の方法があります。

それは「セルフ脱毛」というものですが、脱毛サロンと同じような店舗でサロンと同じ機械を使うのに、自分自身で脱毛をすることができる方法なのです。

ワキガが恥ずかしくても人に迷惑をかけたくないと思っていても、セルフ脱毛なら自分だけの空間で脱毛が可能なので安心して通えますよ!

わきがで脱毛を断念している方向けの脱毛サロンについては「わきがで脱毛が恥ずかしい方必見!誰にもみられずに安く脱毛できる方法をご紹介」で詳しく解説しています。

おすすめの脱毛方法はセルフ脱毛

ワキガの人におすすめなのは、セルフ脱毛という新しい脱毛の方法です。

従来の脱毛のイメージと言えば、プロにお任せするものだとか、高い金額を払って痛みを我慢するものだとか、少し不安な印象があるかもしれません。

その点セルフ脱毛は、自分で脱毛ができて、安い価格で痛みはさほど感じずに終えられる、という良いことづくしな方法なのです。

「自分のワキガの臭いを嗅がれたくないし、恥ずかしいから…」と、脱毛自体を諦めていた人には希望の光ですよ。

ただし、脱毛を素人が行うことになるので、ヤケドや肌トラブルが起こるかもしれないなど、少なからずデメリットがあることも頭に入れておいてくださいね。

セルフ脱毛サロンは全国に展開されていますが、本記事では特におすすめなサロン「VIVIMO」をご紹介します!

今話題のセルフ脱毛サロンについては「セルフ脱毛サロンとは?効果や特徴やメリットなどについてサロン店員が徹底解説!」で詳しく解説しています。

今話題のセルフ脱毛サロンはVIVIMO


VIVIMOはプライベートな空間で、人のことを気にせずに脱毛ができると話題のサロンです。

スタッフと接するのは、主に初回の体験でマシンの説明や脱毛の流れのシミュレーションをしてもらう時くらいなので、恥ずかしさや心配も解消されます。

VIVIMOの良さはそれだけではなく、脱毛にかかる金額が驚きの安さなのです。

医療脱毛や脱毛サロンだと、ローンを組まなければならなかったり、ボーナス払いを設定しなくてはいけなかったりなどと金銭面で負担が増えてしまうことがほとんど。

その点、VIVIMOは定額の月額制で追加料金などがありません。
しかも業界で最安値の月2,000円からと、毎月出費しても痛くない安さなんです!

学生のバイト代でも余裕で賄える金額なので、何の迷いも無く通うことができますね。

まとめ

ワキガは、脇や陰部など特定の部位の毛包の中にある「アポクリン腺」から出る、タンパク質や脂質を含んだ汗を皮膚の常在菌が分解することで発生する臭いです。

ワキガの対策としては、脇汗をこまめに拭いたり生活習慣を整えたりするのが良いですが、脇汗や蒸れを抑えるためにも脱毛すると清潔な脇を保てます

脱毛に行くのが恥ずかしい、経済的に難しいという人におすすめなセルフ脱毛をすることでワキガの不快感を少しでも和らげましょう!

セルフ脱毛は、月2,000円からと格安なVIVIMOをチェックしてみてくださいね。